? 特集記事 | 大人の科学.net

特集記事一覧へ戻る

特集記事

特集:本誌連動 大人の工作時間

光の箱を作る

動画撮影・編集・文/眞形隆之(デジほん) 写真/小笠原成能

 今回紹介する「光の箱」は、子どもの夏休みの工作の宿題にもってこいの作品。難しい作業は一切なし。切る、貼るといった基本作業だけで、誰でも簡単にアート作品が作れる。光線にカラーセロファンで好みの色をつけ、ミラーフィルムに乱反射させて、トレーシングペーパーのスクリーンに写し出す。

 光源や、光の方向を変えるたびに、いろいろな表情を見せる。単純なしくみながら、驚きの美しさをぜひ動画を見て、実際に作って体験してほしい。

 

■PROFILE
松村泰三さん
1964年、青森生まれ。東北芸術工科大学情報デザイン学科助教授。第18回現代日本美術展大賞受賞など、受賞歴多数。光の箱を使ったワークショップを全国的に開催中。右は、surface[2](2006)。光だけで作られている実態のない彫刻。光の皮膜の色が刻々と変化していく。存在するものと見えるものの関係を考えさせられる作品。
松村さんのサイト

 
MOVIE

光の箱制作編

今回は、専用キットを使用。松村さんが試行錯誤した結果、一番美しく見える大きさの作品を作ってみた。

光の箱制作編

 

光の箱鑑賞編

基本は、太陽光で鑑賞するが、いろいろな光源での光り方を実験してみた。光の箱の美しさをぜひ御覧下さい。

 

光の箱鑑賞編

ムービーをご覧頂くには、Flash Playerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

特集記事一覧へ戻る このページのトップへ